読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からのちん活

 ~30歳からのナンパと出会いを考える~

即への扉

【タイトル引用】

夏への扉(1956年)

著者:ロバート・A・ハインライン

タイムトラベルとその諸問題をテーマとした古典SF。サブ主人公として猫が登場するいわゆる猫小説でもある。SFファンには大変根強い人気を持つ名作。

f:id:chinkatsu:20170303161806j:image

 

3月某日

今日もオレはS街を徘徊していた。街を歩く女の子の誰かが、明るく楽しい即へと続く扉と信じているからだ。

 

何人か目の女の子。背は165cmくらいだろうか。

シナ「お姉さん美人なんで、つい声かけちゃいました(*´ω`*)」

オープナーはこの手限る(この手しか知りませんw)

 f:id:chinkatsu:20170303173419j:image

 

シナ「どこか行くところですか?(*´ω`*)」

オレは行き先をよく聞く。帰るところと言った女の子は当たり。帰る=特に予定がない、ということだ。

 

女の子「夜ご飯のお弁当買いに行くところで笑」

シナ「ご飯まだなんやね。オレもメシ食おうかと思ってて!一人で弁当食うのもあれやしよかったら一緒にメシいこ(*´ω`*)」

女の子「んーまあいいよ」

連れ出しぃ!弁当買うところだったので、弁子とする。

 

居酒屋のカウンターで並んで話す。まあ大したことは話してないが、チャラ開示をして、今日は一緒にいたいから家で飲み直そうと打診。明日仕事グダが出たが朝車で送るよ(*´ω`*)でグダ崩しが決まる。

うん今日はスムーズだw

 

家に移動。既に仕上がりは感じていた。

シナ「寒いから一緒にお風呂入ろ(*´ω`*)」

弁子「えーひとりで入るよ笑」

シナ「お風呂でみかん酒飲も!これめっちゃ美味いやつやねん(*´ω`*)」

弁子「わかったから先入ってて笑」

うんスムーズだw

 

風呂に浸かり待っていると、弁子が入ってくる。二人で湯船は狭いが、密着して楽しいw みかん酒を飲み交わしてイチャイチャを始める。そのまま手マン(*´ω`*)

弁子「あんあんあーん///」

うんスムーズだw

 

のぼせてきたので先に上がりベッドで待っていると弁子も風呂を出て部屋に入ってきた。なぜか全裸。普通パンツくらい履いてくるだろ(゚o゚;;

まあいい、スムーズだw

 

そのままベッドに入ってきて、すぐ始まる。うーん、喘ぎ声でかすぎwww

 

シナモンは寝バック大好きマンだ。体勢の安定感があるのでバックより好きだ。

 

寝バックをする。

弁子「あああん!!」

喘ぎ声でかすぎィ!!www

 

シナ「お隣さんに怒られるから(^^;)」

二人して布団をかぶる笑

寝バックのままフィニッシュ。

まったくスムーズだったぜいw

 

寝バックは短小ち☆ちんでも奥までしっかり突けるから、女の子にもご評価をいただける有能体位。

※寝バック参考画像

f:id:chinkatsu:20170303173907j:image

 

結局朝まで3回戦する。30歳超えてる割には性欲強めおじさんと思ってます(*´ω`*)w

 

朝。眠いwww

しかし車で送ると約束したのでがんばって起きて送ることに。

ブオーン。到着。ちっかwww5分しか走ってねえwww

弁子の家前で降ろしてバイバイした。

 

今回はとてもスムーズに即への扉へと辿り着くことが出来た。正直顔はシナ値10段階で4くらいだったので、逆に力が抜けて余裕を魅せられたのかもしれない。

 

街出れば女の子という扉は無数に存在する。その先に何があるかは開けてみてのお楽しみだ。

 

かわいいなーヤリたいなーと思っていても、その扉を開ける勇気を持たなければ女の子とのセックスには辿り着けない。

 

どんなに頑張っても拒絶され、扉が開かないこともある。拒絶されることは誰だって怖いのだ。どんなにたくさんのナンパをしてきても未だにガンシカされると凹む。しかしだ。

 

ーわれらの目的は成功ではない。失敗にたゆまずして進むことであるー

 ロバート・ルイス・スティーブンソン

 

いやオレの目的は性交ですけどね(^q^)www

 

 

おわり(*´ω`*)